KATEのバンコクガイド管理人ブログ

当ブログでは、個人旅行でタイ・バンコク観光を数倍楽しむ為に、観光地・交通機関・ホテル等の情報やタイのニュースをご紹介しています。

タイ国際航空、ボーイング777とエアバス380 全18機の売却完了

タイ国際航空(THAI)は、退役した全18機の売却を完了したことを発表しました。この売却には、ボーイング777-200が6機、ボーイング777-300が6機、エアバスエアバス380が6機含まれています。

タイ国際航空のチャイ・エアムシリCEO氏は、5月12日に全18機の売却契約が締結されたことを確認しました。すでに6機の書類手続きは完了しており、残りの12機も間もなく完了する見込みです。

この航空機の売却により、タイ国際航空の2024年第1四半期の財務結果には33.3億バーツの非現金減損費用が計上されました。この減損費用は、同四半期の純利益に大きな影響を与えました。

2024年3月31日時点で、タイ国際航空の現役機数は73機となり、2023年末の70機から増加しました。この拡大により、需要の高い路線での運航頻度を増やすことができ、今後の収益増加に寄与することが期待されています。

 

タイランドニュース 2024年5月19日)

 

www.kate-bangkok.com