KATEのバンコクガイド管理人ブログ

当ブログでは、個人旅行でタイ・バンコク観光を数倍楽しむ為に、観光地・交通機関・ホテル等の情報やタイのニュースをご紹介しています。

プーケット 新型コロナで大規模SC閉鎖、対面授業中止

新型コロナウイルスワクチンの接種を済ませた外国人旅行者を検疫隔離なしで受け入れるプログラムを今月1日に開始したタイ南部プーケット県が新型コロナの感染再拡大の兆しを受け、行動制限の強化に乗り出した。

7月27日から8月2日まで県内の大規模ショッピングセンター(SC)「セントラル・プーケット」を閉鎖、8月16日まで教育機関の対面授業を中止する。

プーケットはすでに、パブ、バー、カラオケ店などの閉鎖、レストランでの酒の提供時間制限(午後9時まで)、スーパーマーケット、コンビニエンスストアの営業時間制限(午前4時~午後11時)などの措置をとっている。

タイ政府はタイ入国・帰国時にホテルなどでの14日間の検疫隔離を義務付けているが、基幹産業であるインバウンド観光の復活を目指し、今月からプーケット県で、新型コロナワクチンの接種を済ませた外国人旅行者を検疫隔離なしで受け入れるプログラム「プーケットサンドボックス」を始動した。

このプログラムで26日までに外国人1万1806人が来タイし、このうち26人がプーケットでの入国時の検査で新型コロナ陽性となった。

プーケット県で報告があった新型コロナ感染者(「プーケットサンドボックス」を除く)は4月1日~7月27日915人、7月26日28人、27日26人だった。

(newsclip.be 2021年7月27日 16時31分)

 

タイ軍がモデルナワクチン要求 国民、医療関係者には中国製 世論の批判殺到

米モデルナのmRNA(メッセンジャーRNA)技術による新型コロナウイルスワクチンを調達する予定のタイ赤十字社に対し、タイ軍の部局が23日付の書面でモデルナ製ワクチンの供給を求めたことが明らかになり、世論の猛反発を浴びている。

タイのプラユット政権は英アストラゼネカのワクチンをタイ王室傘下の製薬会社のタイ工場で6月から国内生産している。しかし、供給量が不足し、中国・科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製のワクチンを輸入し、急場をしのいでいる。ただ、シノバックのワクチンは2度の接種後に新型コロナに感染、死亡するケースも報告され、医療関係者らがmRNAワクチンの調達を求めていた。

こうした状況の中、今回の書面がインターネットの交流サイト(SNS)に流出した。軍の報道官は書面が「偽物ではないが、正式な書式ではない」と弁明。24日にはタイ政府のアンチフェイクニュースセンターが書面を本物と認めた。

同じ24日にはバンコクの新型コロナ病棟で働いていた看護師の女性が感染、死亡したことが明らかになった。この2つのニュースを受け、ネット上には「最後まで戦う真の軍人は医師、看護師だ」「軍は何もしないくせに命だけは惜しいのか」「軍人にシノバックを3度接種しろ」など批判が殺到した。

タイの総人口はタイ人、外国人合わせ約7000万人。タイ政府は年内に1億回分のワクチンを調達し、人口の約7割にワクチンを接種する目標を掲げている。24日までの累計の接種回数は1586万9844回で、2度の接種を終えた人は364万2999人にとどまる。

(newsclip.be 2021年7月26日 00時59分)

 

f:id:KATE-bangkok:20210726192430g:plain

www.kate-bangkok.com



 

【タイ】新型コロナ感染拡大、バンコク首都圏で医療崩壊「デルタ株・猛威」

2021年7月24日、タイ政府の新型コロナウイルス状況管理センター(CCSA)によると、新型コロナ変異インド型(デルタ株)がバンコクでは80%程度とみられている。

今日は、新たに14,260人の感染確認者が見つかり、死亡者は119人になった。バンコク首都圏では、満床の病院がほとんどで、イベント会場などにベットやパーティションを持ち込み、少しでも多くの患者を受け入れようと増床しているが、感染者が多すぎて治療できないケースが増えている。

トータルでの感染確認者は、481,967人。死亡者合計は3,930人とアジアの他地域に比べ少ないが、今月爆発的に感染確認者が増加しているため、バンコク首都圏では、新たに新型コロナを発症し症状が悪化しても、受け入れ病院が見つけられないケースがほとんど。

(GLOBAL NEWS ASIA 2021年7月24日 20時30分)

 

f:id:KATE-bangkok:20210725172401g:plain

www.kate-bangkok.com



 

タイ、24日の新型コロナ新規感染報告1万4260人 日本人含む119人死亡

タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センターによると、24日に報告があった新型コロナ新規感染者は国内感染1万4248人、検疫隔離中の帰国者、入国者12人の計1万4260人、死者は日本人1人を含む119人だった。

国内の刑務所で新たに655人の感染が確認された。刑務所を除く都県別の新規国内感染者数はバンコク都2745人、バンコク西郊のサムットサコン県1054人、南郊のサムットプラカン県908人など。

新たな死者は30~94歳の男性66人、女性53人で、タイ人114人、ミャンマー人2人、日本人、インドネシア人、バングラデシュ人が各1人。

累計の感染者数は48万1967人になった。累計の死者数は3930人、死亡率は0.82%。

入院中(臨時病床を含む)は前日から約6500人増え15万248人、人工呼吸器を装着している患者は39人増え939人。バンコク首都圏を中心に医療の逼迫が続いている。

(newsclip.be 2021年7月24日 16時20分)

 

f:id:KATE-bangkok:20210724185253g:plain

www.kate-bangkok.com



タイ、23日の新型コロナ新規感染報告1万4575人 114人死亡 人工呼吸器装着900人 医療逼迫

タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センターによると、23日に報告があった新型コロナ新規感染者は国内感染1万4562人、検疫隔離中の帰国者、入国者13人の計1万4575人、死者は114人だった。

国内の刑務所で新たに1072人の感染が確認された。刑務所を除く都県別の新規国内感染者数はバンコク都3104人、バンコク西郊のサムットサコン県1067人、南郊のサムットプラカン県837人、東部チョンブリ県669人、東部ラヨン県516人など。

新たな死者は14~94歳の男性61人、女性53人で、タイ人111人、ミャンマー人、カンボジア人、パキスタン人が各1人。

累計の感染者数は46万7707人になった。累計の死者数は3811人、死亡率は0.81%。

入院中(臨時病床を含む)は前日から約6700人増え14万3744人、人工呼吸器を装着している患者は11人増え900人。

入院患者、重症者の増加を受け、タイ当局は病床の確保を急ぐ一方、無症状の人と軽症者を自宅隔離とする方針だ。ただ、症状があっても入院できない人は増え続け、22日には、新型コロナ陽性と診断され病床の空きを待っていた中部ノンタブリ県在住のタイ人男性(73)が自宅で自殺した。男性は21日に長男に電話し、「呼吸ができない」「もうだめだ」などと訴えていたという。

(newsclip.be 2021年7月23日 14時53分)

f:id:KATE-bangkok:20210723183923g:plain

www.kate-bangkok.com



新たな厳格な行動制限「バンコク都告示第38号」の発出

バンコク都は2021年7月21日、都内における防疫措置の強化等を柱とする「バンコク都告示第38号」を発出しました。7月23日より8月2日まで適用されます。

今回の発出では、公園やスポーツ施設、美容院やネイルサロンなどの施設が閉鎖となります。

以下に、在タイ日本国大使館からの情報を転載します。


バンコク都告示第38号の発出

・7月21日、バンコク都は、政府による防疫措置の強化(CCSA決定事項第28号)に伴う、都内における防疫措置の強化等を柱とする、バンコク都告示第38号を発出しました。
・これらの措置は、7月23日以降、別途の指示のない限り、8月2日まで適用されます。
・主要部分の日本語仮訳は以下のとおりです。
・今後の発表等により変更の可能性もありますので、最新の情報収集に努めて下さい。

○以下の施設を閉鎖せしめる。但し、医療用に用いる場合を除く。
・全ての形態の運動施設(屋内のバドミントン、フットサル、バスケットボール、バレーボール。屋外のゴルフ場、ゴルフ練習場、サッカー場、テニス・コート等)
・公園、植物園
・運動場
・商品展示場、会議場、イベント会場
・教育センター、科学教育センター、科学技術施設、文化センター、劇場
公共図書館、集落図書館、民間図書館、図書室
・博物館、遺跡、地域史跡、および類似施設、歴史的遺構および旧跡
・託児所
・美容増進施設、理容店、ネイル・ストア、刺青店
・競技用プール、遊戯用プール、公共プール、および類似施設

○本件に違反する者に対しては、感染症法に基づき、1年以下の禁錮ないし10万バーツ以下の罰金、もしくはその何れについても科される場合があり、また非常事態令に基づき、2年以下の禁錮ないし4万バーツ以下の罰金、もしくはその何れについても科される場合がある。

○本件告示は、7月23日以降、別途の指示のない限り、8月2日まで適用する。


タイランドニュース 2021年7月22日)

 

f:id:KATE-bangkok:20210722200847g:plain

www.kate-bangkok.com



タイ国内線減便でタイ空港社がさらなる減収 新規借り入れで合意

国内の主要6空港を管理・運営するタイ空港社(AOT)によれば、新型コロナ感染対策の強化で感染リスクが最も高いとされる13都県を対象に7月21日から国内線がすべてストップされることになったことで、すでに減収に見舞われているAOTは今回の措置によってさらなる減収が避けられない状況という。

AOTの説明によれば、7月半ばで6空港の利用者は1日当たり1万人程度にすぎず、これは前年同期比で約80%の減少ですでに深刻な状態という。AOTはこの難局を乗り切るために先に250億バーツを借り入れることに合意したが、検討を行って今後の状況の変化を見極める必要があるため、最終的な借入額が決まるのは10月末ごろになりそうだという。

バンコク週報 2021年7月21日)

 

f:id:KATE-bangkok:20210721200631g:plain

www.kate-bangkok.com