KATEのバンコクガイド管理人ブログ

当ブログでは、個人旅行でタイ・バンコク観光を数倍楽しむ為に、観光地・交通機関・ホテル等の情報やタイのニュースをご紹介しています。

タイ ニュース

パタヤビーチで外国人男性が溺れる

タイ東部チョンブリ県の世界的ビーチリゾート・パタヤで2024年3月2日午後、50~60歳くらいの外国人旅行者の男性が溺れて、意識不明となりました。各報道が伝えています。 3月2日午後4時20分に外国人男性がパタヤビーチで溺れたとの通報を受けて、レスキュー…

タイ、アジア太平洋地域の主要な航空ハブを目指す

セター・タビシン首相はタイ・ビジョンを導入し、タイをアジア太平洋地域の主要な航空ハブとして高めることを約束しました。2024年3月1日にタイ国営メディアNNTが伝えています。 セター首相は、5年以内にスワンナプーム空港が世界トップ20の空港としての地位…

ANA系エアージャパン欠航で乗客から不満、タイ民間航空局が要請

2024年2月9日に成田=バンコク路線を就航開始した、ANAの新ブランド「エアージャパン(Air Japan)」。しかし早くも2月22日には、バンコクから成田へ向かうNQ2便が欠航しました。 エアージャパンによると、使用機材がバンコクに到着した後、不具合が発見され…

バンコクのソンクラン祭 チャチャート都知事が「今年は盛大に執り行う」

タイ政府は今年、4月13日のタイ旧正月を祝うソンクラン祭を大々的に展開することにしているが、これを受けチャチャート・バンコク都知事は2月28日、バンコク都庁が今年のソンクラン祭を盛大に執り行うべく準備を進めていると説明した。 都知事によれば、タイ…

スワンナプーム空港が大混雑、入国手続き待ちの長蛇の列に対処

タイ空港公社(Airports of Thailand:AOT)と入国管理局は、スワンナプーム空港での長い乗客の入国手続き待ちの列の問題に対処するための措置を講じています。これは、処理時間が遅いというセター・タヴィシン首相からの苦言を受けたものです。タイ国営メデ…

【バンコクのバスターミナル移転】エカマイとモーチットを閉鎖しバンスーに統合する計画

スリヤ・ジュンルンルアンキット運輸大臣は2024年2月27日、バンコクの北バスターミナル(モーチット)と東バスターミナル(エカマイ)を、バンスーに移転する計画を発表しました。 モーチットの北バスターミナルは北部や東北部へ、エカマイの東バスターミナ…

タイ運輸大臣「乗客拒否タクシーというバンコクの永遠の問題の解決を目指す」

バンコクでは、乗車拒否、メーター不使用、高額要求をし、さらには態度も悪いタクシー運転手が多数、特に渋滞時や夜の歓楽街や繁華街で悪徳タクシー運転手が目立ちますが、違法であるにも関わらず警察は何もしてくれないことがほとんどです。なので悪徳運転…

タイ国際航空、2025年上半期の上場を目標に再建計画を予定通り終了へ

タイ国際航空は、2025年上半期の上場を目標に、再建計画を予定通り終了する方向で進んでいると発表しました。タイ国際航空の2023年の売上高は大幅に増加し、2022年から53.3%増の1610億6700万バーツとなりました。 タイ国際航空の再建責任者であるPiyasvasti …

スワンナプーム空港、衛星ターミナルを繋ぐ電車が故障

バンコクのスワンナプーム空港では2023年9月、新しいサテライトターミナル SAT-1がオープンしました。メインターミナルからSAT-1へは、自動人員移動装置 (APM) に乗って移動します。 そんな自動人員移動装置 (APM) が2024年2月23日に故障。トンネルに閉じ込…

タイ民間航空機構 国内線運航の航空会社6社に増便と料金引き下げを要請

スリヤ運輸相によれば、タイ民間航空機構(CAAT)がこのほど、国内線で旅客サービスを提供している航空会社6社の代表と話し合い、連休の空路利用者増に対応したフライト増便、そして航空料金の過剰な上昇を抑制するため料金上限の引き下げを要請したという。…

バンコク・ナナ地区で外国人麻薬売人取り締まり 警官200人動員

タイ当局はバンコク都内のゴーゴーバーなどが建ち並ぶ繁華街ナナ地区で、外国人の麻薬売人の摘発に乗り出した。18~21日にアフリカ人を中心に8人を逮捕し、コカイン約5グラム、ヘロイン約14グラムなどを押収した。21日夜には、警官約200人を動員して、ホテル…

経営再建中のタイ航空、ボーイング・ドリームライナー45機発注

【タイ】事実上のタイ国営企業で経営再建中のタイ国際航空は20日、米ボーイング製の旅客機787ドリームライナー45機を発注したと発表した。 発注したのは基本型である787-8型機より全長が6メートル長い787−9型機で、米ゼネラル・エレクトリック(GE)製のGEnx…

タイ気象局「2月末に夏が始まり、3月から4月にかけて極度の熱波」、今週38度の予想も

タイ気象局は、2月末から夏が始まり、3月から4月にかけて極度の熱波が予想されると発表しました。 一部の県では気温が43~45℃まで上昇する可能性があり、暑かった昨年の夏の記録と比べてさらに1~2℃上昇する可能性があるとのこと。タイ国営メディアNNTが2024…

タイ初の無人EVバス、アユタヤで無料乗車サービス

タイ初の無人電気自動車(EV)バスが、アユタヤ県のアユタヤ歴史公園周辺で試乗運行を行っています。 このサービスは、2024年7月まで毎日朝9時夕方5時まで無料で提供されます。 タイ国家放送通信委員会(NBTC)から2,700万バーツ相当の助成を受け、モンクッ…

プーケットで外国人女性乗客を乗せたGrab運転手を男たちが取り囲んで脅す

タイ南部プーケットのチャーンタレーで2024年2月17日、外国人乗客を乗せた配車アプリGrabの運転手が、タクシー運転手とみられるグループに脅され、車両を傷つけられたとして、警察に通報しました。 各報道によると、事件が発生したのは2月17日午前2時半ごろ…

バンコクのスワンナプーム空港、EVタクシー導入

タイの国営空港運営会社エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は16日、運輸省、国営石油会社PTTのグループ会社で電気自動車(EV)事業を手がけるEVミー・プラスと連携し、バンコク東郊のスワンナプーム空港にEVタクシーを導入すると発表した。空港内にタクシ…

タイで深刻化する大気汚染 政府がマイカー利用の自粛呼びかけ

大気汚染のさらなる悪化がこの数日報告されていることを受け、タイ政府はこのほど、とりわけPM2.5の濃度が危険なレベルに上昇しているエリアの住民に対し、マイカーの利用を控えて公共輸送機関を使うよう呼びかけた。 セーター首相は2月15日、公害対策局から…

4月12日(金)が休日になりソンクラーン休暇は16日(火)まで5連休に

タイ内閣は、2024年4月12日(金)を休日とすることを承認。2024年のタイ正月(ソンクラーン)休暇は、4月12日(金)から16日(火)まで5連休になる予定です。タイ国営メディアNNTが伝えています。 この措置は、観光促進を目的としたもの。なお、実際のソンク…

最高気温44℃に達しそうなタイの5県、2月末より夏入りで猛暑の季節に

タイの季節は、雨季、乾季(冬)、そして暑季(夏)。2024年は例年より早く2月末にも夏に突入し、猛暑になることが予想されています。とても暑かった2023年よりも、さらに熱くなるという話も…。 タイ気象局は2024年2月13日、メーホンソン、ウタラディット、…

タクシン元首相が2月中に仮釈放か 反対派が法務省前で抗議文読み上げ

禁錮1年を言い渡され警察病院特別室に入院する形で服役しているタクシン元首相であるが、2月中の仮釈放の可能性が取り沙汰されていることから、2月12日、市民団体「タイ改革のための学生・市民ネットワーク」のリーダーであるピチット氏など複数人が法務省前…

タイ保健当局 タイ人の砂糖過剰摂取に警鐘 世界標準の4倍

タイ健康促進基金(ThaiHealth)によれば、タイ人は標準的な摂取量の約4倍に当たる1日平均小さじ約23杯の砂糖を摂取しているという。世界保健機関(WHO)が推奨する1日当たりの砂糖摂取量は小さじ6杯となっている。 同基金のパイロートCEO補は2月11日、「砂…

スワンナプーム国際空港の拡張とドンムアン国際空港の第3段階開発

タイ空港公社(AOT)は、スワンナプーム国際空港の拡張とドンムアン国際空港の第3段階開発に44億バーツを投資する計画を発表しました。 スワンナプーム国際空港の拡張は、空港のサービスと安全基準の向上を目的としています。 タイ空港公社は、スワンナプー…

バンコクのチャオプラヤ川沿いを観光する乗り降り自由のボート「Hop-on Hop-off Boats」

タイ国政府観光庁は、チャオプラヤ川沿いのバンコクを探索したい旅行者向けに、乗り降り自由のボートサービス「Hop-on Hop-off Boats」を提供しています。タイ広報局が伝えています。 乗り降り自由のボート「Hop-on Hop-off Boats」を利用すると、バンコクの…

タイ・エアアジア、バンコク―那覇直行便開設を正式発表、片道3,490バーツ~

タイ・エアアジアの沖縄路線で使用される機材はエアバスA320neo、火・木・土・日の週4便を運航します。 新規就航記念のプロモーションで、片道3,490バーツ~で販売中。予約期間は2024年2月8日から21日までで、旅行期間は2024年4月2日~10月26日。 タイ・エア…

タイ入国管理局、春節で入国審査の職員を増員

タイ入国管理局は春節期間中、特に2024年2月8日から14日にかけてタイに到着する観光客の急増に備えて準備を進めています。この期間中、1日あたりの到着者数は80,000人に達すると予想されています。2024年2月7日のタイ国営メディアNNTが伝えています。 先の1…

タイ、1月のデング熱感染8200人 去年の2倍ペース

【タイ】タイ保健省によると、1月に報告があったデング熱の感染者数は前年同月比約2倍の8197人で、13人が死亡した。同省は感染者が今後も増加すると予想し、蚊よけなどで蚊に刺されることを避け、ボウフラの発生を地域で防止するなどの対策を取るよう呼びか…

ピピ島・マヤビーチが「世界最高のビーチ」3位、ロンリープラネット発表

タイ南部クラビ県のピピ・レ島にあるマヤベイは、旅行ガイドブックのロンリープラネット(Lonely Planet)による「世界最高のビーチ」で3位となりました。2024年1月30日に公式サイトで明らかにされました。 「世界最高のビーチ」TOP20が掲載されたロンリープ…

タイ・エアアジア、バンコク-沖縄の運航開始を予告

格安航空会社タイ・エアアジアは公式Xで、沖縄と思われる地への運航開始を予告しています。2024年2月8日に正式発表されるようです。 なお、既に2024年4月2日よりバンコク(ドンムアン)-沖縄(那覇)路線の運航開始が報じられており、火・木・土・日の週4便…

タイの水かけ祭り「ソンクラーン」を無形文化遺産とする公式証明書を発行

ユネスコは、タイの伝統的な新年祭りであるソンクラーンを人類の無形文化遺産の一部として記載する公式証明書を発行しました。この公式証明書は、2023年12月6日にボツワナで開催された無形文化遺産保護のための政府間委員会の第18回会合の終了時にユネスコが…

プーケットのバスターミナルで外国人女性が狙われた!僧侶の助けで無事

タイ南部プーケット県ムアン郡にあるプーケットバスターミナル2のトイレで2023年1月31日午前3時30分、ロシア人女性が裸のタイ人男に襲われる事件が発生しました。幸い女性の悲鳴を聞いた僧侶が駆けつけ、最悪の事態には至りませんでした。ロシア人女性はその…